このカテゴリでは、独自調査に基づく技術情報を公開します。

ランゲージカタログ

]Project-Open[(以下]PO[と略記)のランゲージカタログは、/web/projop/packages/パッケージ名/catalog 以下にXMLファイルで置かれています。

例えば、intranet-coreパッケージのランゲージカタログファイルは以下のように配置されています。

[root@project-open-v33 /]# cd /web/projop/packages/intranet-core/catalog [root@project-open-v33 catalog]# ls -al 合計 560 drwxrwxr-x  3 projop users   4096  2月 12...

]Project-Open[の機能

]Project-Open[ V3.3では以下の機能を使うことができます。

  1. プロジェクト管理
    • 資源割り当て
    • GanttProjectと連携した進捗管理
    • 予算、原価、利益管理
  2. ユーザ管理
    • <span...

POのVMwareイメージをESXiで動かす

VMware ESXi4.0のvCenter Converterでは以下の操作は不要です。 「PO3.4のVMwareイメージをESXiで動かす」を参照してください。

 

Project-Open(以下PO)の公式ホームページで配布されている、バージョン3.3の仮想マシンをVMware ESXi上で動作させる手順をまとめました。

まず、POのページからダウンロートしたVMware仮想マシンイメージを展開します。...

インストール済みyumパッケージ

Project-Open V3.3 VMware仮想イメージに、当初からインストールされているyumパッケージは以下の通りです。

# yum list installedLoading "fastestmirror" pluginInstalled PackagesAdobeReader_enu.i386                     7.0.9-1                installedDeployment_Guide-ja-JP.noarch            5.2-11.el5.centos      installedGConf2.i386                              2.14.0-9.el5           installedImageMagick.i386                        ...