2019年春 新入社員研修レポート 未経験中途入社 望月亮佑さん

私は、IT業界未経験でアイティードゥに中途入社しました。
前職は食品製造メーカーで、商品開発や生産業務に携わっており、IT業務とはほとんど縁がありませんでした。
ITが世の中をスピーディーに大きく変えていく時代の流れの中で、価値を生み出す仕事にチャレンジしたいと考えていました。
とはいえ、IT未経験の私にできるのかという不安や、そもそも未経験者を中途で採用してくれる企業があるのか、というマイナスな気持ちもありました。
そんな中、アイティードゥでは未経験者でも応募できることを知り、思い切って応募することにしました。
面接を通し、未経験の方も活躍されていることを聞き、また、「山梨県内のIT技術者を増やしたい」という社長の人材育成に対する考えに共感し、入社を決意しました。
10年以上ぶりに体感する不安と緊張のなか入社し、まず初めに行ったのが新入社員研修でした。

研修で期待したことは

未経験ですので、とにかく吸収しようという意気込みでした。
業務の概要を知り、その周辺の技術について理解することを期待していました。
また、会社の雰囲気を知ることもできるかなと思っていました。
研修方法については、教育係の方がついてくれて、基本的な知識やスキルを教育してくれるような研修を想像していました。

研修内容は

4月の入社日~5月中旬まで約1か月半の期間で、社内研修を受けました。
私1人ではなく新卒の新入社員の方と2人での研修だったので、なんとなく安心感がありました。
研修内容はITインフラで必要となる技術についての実習が主でした。
Linux、Hyper-V、VMware、Docker、Vagrant、Ansible、TeraTermといった技術に触れましたが、実習の方法は私が想像していたものとは少し違っていました。
上記の技術に関する課題を与えられ、自分で手順を調べて作業していくという方法でした。

・Vagrantを使ってHyper-V上にCentOSマシンを構築してください
・Docer for Windows を使ってCentOSコンテナを実行し、attachしてLinuxコマンドが実行できる状態にしてください

といった課題です。
頭の中は「???」ですが、分からないことを自分んで調べて、試して、悩んで、また調べて、悩んでを繰り返しながら、理解し進めていきました。
もちろん、先輩社員に相談できますし、アドバイスやヒントももらうことができます。
でも、ムズカシかった・・・。

研修で得られた成果は

OSS(オープンソースソフトウェア)系のインフラで必要となる技術について、ひと通り触れることができました。
自分で調べて理解するというのは、常に技術が進化しているIT分野では重要なスキルのひとつだと感じました。
理解を深めるために、調べたことや行った作業手順をまとめながら進めていきました。
他にも技術以外の部分で学ぶことが多くありました。
・指示の意図をしっかり理解する
・小まめなアウトプット、共有をする
・思考停止しそうになったら、できるところから小分けに進めていく
・困っても情報源は色んなところにたくさんある
社会人経験のある私ですが、上記のことを改めて実感させられました。
与えられた課題に対し、その意図を理解し自力で取り組むという実習方式に、技術の知識やスキルだけでない様々な教育要素があるのか、と感じました。

苦労したこと、失敗談は

課題・指示の意図を誤認し、的外れなことをして時間を浪費してしまったことがありました。
手戻りの無駄を無くすためにも、自分の認識していることの確認が必要でした。
その他にもたくさんありましたが、現時点では成長の伸びしろということで、社員の皆さんご容赦ください。

研修を終えての感想は


正直最初は慣れない環境と予想外の研修に面食らいました。
研修中には分からないことに囲まれ、頭を抱えっぱなしだった気がします。
しかし、社内のサポートを受けながら未経験者の私でも課題を進めることができました。
個人学習を希望したら、環境の整ったノートPCの貸し出しもしていただきました。
研修を終えた今、多くの技術に触れることができ、知識だけでなく様々なことを学ぶ時間を作っていただいたことに、未経験者としては本当にありがたいと感じています。

最後に一言


IT未経験だけどIT業界で働きたいと考えている方へ。
新しい世界へ飛び込む覚悟、学習する意欲が必要だと思います。
そして、人を育てる意欲のある会社に入ることをおすすめします。
ちなみに・・・
アイティードゥでは、未経験でもやる気のある人を受け入れ、活躍している実績があり、研修や勉強会、技術書などのサポート環境が充実していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。