Asterisk/VoIP

Tenor BX 基本情報

Tenor BXのCUIインターフェースにおける基本情報を、以下にまとめました。


1. シリアルポートパラメータ

TenorでTelnet接続する際のパラメータは以下のとおりです。

ポート ポートは個々の環境による(デバイスマネージャで確認ください)
ボーレート 38400
データ 8bit
パリティ なし
ストップビット 1bit
フロー制御 なし


2. デフォルトログインアカウント・パスワード

TenorのCUIにTelnetからログインする際のデフォルトアカウント・パスワードは以下のとおりです。

login admin
pass admin


3. コマンドプロンプト

TenorのCUIにおけるコマンドプロンプトの状態は以下のとおりです。

# 通常のプロンプト
* 設定変更後、保存されていない状態


4. 設定の保存とやり直しコマンド

TenorのCUIから設定を変更した際の保存、またはやり直しは以下のとおりです。

保存 submit
やり直し discard


5. ディレクトリの移動

TenorのCUIにおいて、ディレクトリを移動したい場合は、対象識別名を入力しEnterキーを押します。
以下の例では、カレントからGateWay-1に移動します。

Quintum# GateWay-1
Quintum-GateWay-1#


6. 識別名の省略機能

TenorのCUIにおいてディレクトリまたは設定項目などは、以下のように小文字表記を省略することができます。
例)Quintum-StaticIPRouteDir-1 -> siprd

ただし、省略対象が一意を保証できる場合のみ省略可能です。
例えば以下のように、対象が他にもある場合、その旨を表すメッセージが返りますの注意してください。

Quintum# sl

There are more than one instances for SLot (sl):
SLot SL1
SLot SL2

Please specify one.


7. 状態表示コマンド

TenorのCUIで、カレントの設定状態や、階層情報を表示させる場合、showコマンドを利用します。
以下にshowコマンドのオプションを説明します。

show <parameter>

オプション 内容
-a カレントの設定状態を表示
-b カレント以降の子インスタンスの表示
-c カレント直下の子インスタンスの表示
-d 変更中(suされない状態)の情報を表示
-l カレント以降の子インスタンスと設定状態を表示
-p カレントまでの階層表示
-t 全階層表示
-v HW,SWのバージョン表示


8. アラーム表示コマンド

TenorのCUIで、現在アクティブなアラームや過去のアラームを表示させる場合、alarmコマンドを利用します。
以下にalarmコマンドのオプションを説明します。

alarm <parameter>

オプション 内容
a アクティブなアラームを表示
h アラームの履歴を表示

なお、オプション未指定の場合は全てのアラームを表示します。