Asterisk/VoIP

Tenor BX Syslog設定

Tenor BXのSyslogの設定と、サーバ側の受信設定を以下にまとめました。


1. 環境

Tenorと、TenorのSyslogを受信するサーバの情報は以下のとおりです。

Tenor IP 192.168.68.10
Server OS CentOS release 5.5 (Final)
IP 192.168.68.100


2. Syslog送信先IP設定

TenorのCUIからSyslogの送信先IPを設定します。

Quintum# config
config# mc # mc はMasterChassis-1の省略です
config-MasterChassis-1# sysls # sysls はSYSLogServer-1の省略です
config-SYSLogServer-1# set SYSLogIPAddr 192.168.68.100 # Syslog送信先IP
config-SYSLogServer-1* show -a # 設定情報を確認します
SYSLogServer-1:
(省略)
SYSLogPort :514 Syslog Server IP por # Syslog送信ポート(デフォルト)
SYSLogIPAddr :192.168.68.100 # 設定したIPが正しいことを確認します
SYSLogFacility :16 Syslog Server facili # Facility(デフォルトではlocal0)


3. syslogdの設定

受信側サーバでは、syslogdを起動してTenorからのSyslogを受信します。
まず、外部からのSyslogを受信するために、syslogdのオプションを設定を変更します。

# vi /etc/sysconfig/syslog
SYSLOGD_OPTIONS="-r -m 0" # -rオプションを追加します

次に、syslog.confファイルにTenorから受け取るSyslogの保存先をを指定します。
なお、ファシリティはデフォルトでlocal0に設定されています。

# vi /etc/syslog.conf
# tenor-bx
local0.* /var/log/tenor-sys.log # TenorのSyslogを/var/log/tenor-sys.logに保存する

最後に、syslogdを起動します。

# /etc/init.d/syslog start
システムロガーを起動中: [ OK ]
カーネルロガーを起動中: [ OK ]

設定は以上です。


4. Syslogメッセージ受信例

設定完了後、Tenorから対象サーバに対してSyslogが発報されることを確認します。
以下は、あるスロットに接続されていた機器のリンクダウンを示すアラームメッセージになります。

# tail -f /var/log/tenor-sys.log
May  6 14:49:38 tenor-bx 19:ALR:1:Loss of Framing(Red Alarm):2:1:1:0:FRI MAY 06 14:05:54 2011