Asterisk/VoIP

Tenor BX アラーム比較

Tenorより発報されるアラームのSNMP TrapとSyslogの比較について、調査した結果を以下にまとめました。


1. 調査環境

Tenorに対して意図的に機器のリンクダウン・アップを行い、SNMP Trap,Syslogから発報されるアラームの比較を行いました。
調査を実施した環境は以下のとおりです。

全体図
img1
ポート接続図
img2

2. アラームの比較

サーバで受信したリンクダウン・リンクアップのアラーム比較を以下にまとめました。

・リンクダウン時のアラーム

# SNMP Trap Value Syslog Value 内容
1 Timeticks: (54200) 0:09:02.00 - Tenor起動時間
2 OID: SNMPv2-SMI::enterprises.6618.2.0.1 - Trap OID
(アラームのレベルによって変わる)
3 STRING: ""192.168.68.101"" - Trap送信先IP
4 INTEGER: 19 19 アラームシーケンス番号
5 STRING: ""ALR"" ALR Trapのタイプ(ALR,CLR,PRT)
6 INTEGER: 1 1 Trapのセベリティ
("Critical Alarm" = 1,
"Major Alarm" = 2,
"Minor Alarm" = 3,
"Information" = 4)
7 INTEGER: 1 - アクティブなアラームのうち、最も高いセベリティ
8 STRING: ""Loss of Framing(Red Alarm) :: "" Loss of Framing(Red Alarm) アラームの詳細内容
9 INTEGER: 2 2 アラーム送信元のスロット
10 INTEGER: 1 1 アラーム送信元スロットのデバイスタイプ
11 INTEGER: 1 1 アラーム送信元インターフェースカード
12 INTEGER: 0 0 アラーム送信元インターフェースのチャンネル数
13 STRING: ""n-Channel DSP Card "" - アラーム送信元デバイスのカードタイプ


・リンクアップ時のアラーム

# SNMP Trap Value Syslog Value 内容
1 Timeticks: (54200) 2:33:12.00 - Tenor起動時間
2 OID: SNMPv2-SMI::enterprises.6618.2.0.1 - Trap OID
(アラームのレベルによって変わる)
3 STRING: ""192.168.68.101"" - Trap送信先IP
4 INTEGER: 31
31 アラームシーケンス番号
5 STRING: ""CLR"" CLR Trapのタイプ(ALR,CLR,PRT)
6 INTEGER: 1 1 Trapのセベリティ
("Critical Alarm" = 1,
"Major Alarm" = 2,
"Minor Alarm" = 3,
"Information" = 4)
7 INTEGER: 1 - アクティブなアラームのうち、最も高いセベリティ
8 STRING: ""Loss of Framing(Red Alarm) :: "" Loss of Framing(Red Alarm) アラームの詳細内容
9 INTEGER: 2 2 アラーム送信元のスロット
10 INTEGER: 1 1 アラーム送信元スロットのデバイスタイプ
11 INTEGER: 1 1 アラーム送信元インターフェースカード
12 INTEGER: 0 0 アラーム送信元インターフェースのチャンネル数
13 STRING: ""n-Channel DSP Card "" - アラーム送信元デバイスのカードタイプ


上記のとおり、SNMP TrapとSyslogを比較すると、SNMPTrapには以下の項目が多く付与されています。

・Tenorの起動時間
・Trap OID (OIDの末尾がアラームのレベルを示す。 1="critical", 2="major", 3="minor", 4="report")
・Trap送信先IP
・アクティブなアラームのうち、最も高いセベリティの情報
・アラーム送信元デバイスのカードタイプ

その他の項目については、SNMP Trap,Syslog共に同じ値を示していました。

比較調査の結果は以上です。