Cactiシステム管理

CactiによるYAMAHAルータ(RTX1200)の監視

CactiによるYAMAHAのルータ監視について以下にまとめました。


以下では、YAMAHAルータのCPU使用率、メモリ使用率、メモリサイズ(メモリ使用率と、サイズは同一グラフ上に表示)、
機器内部温度を、それぞれのプライベートMIBから収集し、Cactiでグラフを生成するまでの方法について説明します。
具体的には、収集対象となるMIBについて及び、DataTemplatesの作成、GraphTemplatesの作成をまとめました。
その他の設定については、グラフを作成する上で標準的な内容となりますので、ここでは割愛します。
YAMAHAルータの仕様については、別途メーカのホームページ、または製品のマニュアルを参照下さい。

    1. 設定対象の機器型式
      今回設定対象となる機器の型式は以下の通りです。
      型式
      RTX1200

    1. プライベートMIB
      CPU使用率、メモリ使用率、メモリサイズ、機器内部温度を監視する為に収集するプライベートMIBは以下の通りです。
      Descr MIB (YAMAHA-RT-HARDWARE)
      OID
      CPU使用率(5秒間隔) yrhCpuUtil5sec
      .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.5.0
      CPU使用率(1分間隔) yrhCpuUtil1min .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.6.0
      CPU使用率(5分間隔) yrhCpuUtil5min .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.7.0
      メモリ使用率 yrhMemoryUtil .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.4
      メモリサイズ yrhMemorySize .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.2
      機器内温度 yrhInboxTemperature .1.3.6.1.4.1.1182.2.1.15

    1. Data Templates の作成
      Data Templatesは、CPU使用率(5秒、1分、5分)で3つ、メモリ(使用率、サイズ)で2つ、機器内温度で1つ、
      計6つを新たに作成します。[Data Input Method]と[OID]に注意して作成して下さい。
      以下はCPU(5秒間隔)のData Templatesです。適宜参考にして下さい。
      DataTemplates_1_RTX1200
      新規作成時、「Create」を押下後、新たに[Custom Data]フィールドが表示されます。
      DataTemplates_2_RTX1200
      [OID]パラメータにそれぞれ用途に合ったOIDを記入して「Save」を押下し、Data Templatesを完成させて下さい。

    1. Graph Templates の作成
      Data Templatesは、CPU、メモリ、機器内部温度、それぞれ1つで計3つ作成します。
      以下はメモリのGraph Templatesです。[Name]、[Title]、[Vertical Label]などに注意して適宜参考にして下さい。
      尚、メモリのGraph Templatesでは、[Base Value]のパラメータをデフォルトの「1000」から「1024」に変更しています。
      これは、メモリのサイズをグラフ内で数値表示させる時に、1024単位にする為です。
      GraphTemplates_2_RTX1200
      それぞれ初期作成時、「Create」を押下すると新たに[Graph Template Items]、[Graph Item Inputs]が
      表示されるようになりますので「Add」リンクを押下して追加します。
      [Graph Item Inputs]は自動で生成されたものを利用しますので、ここでは特に設定しません。
      [Graph Template Items]のパラメータは、それぞれ以下の通りです。

      [CPUグラフ用]
      Sequence1 Sequence2
      GraphTemplatesItems_CPU_1_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_2_RTX1200
      Sequence3 Sequence4
      GraphTemplatesItems_CPU_3_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_4_RTX1200
      Sequence5 Sequence6
      GraphTemplatesItems_CPU_5_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_6_RTX1200
      Sequence7 Sequence8
      GraphTemplatesItems_CPU_7_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_8_RTX1200
      Sequence9 Sequence10
      GraphTemplatesItems_CPU_9_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_10_RTX1200
      Sequence11 Sequence12
      GraphTemplatesItems_CPU_11_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_12_RTX1200
      Sequence13 Sequence14
      GraphTemplatesItems_CPU_13_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_14_RTX1200
      Sequence15 Sequence16
      GraphTemplatesItems_CPU_15_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_16_RTX1200
      Sequence17 Sequence18
      GraphTemplatesItems_CPU_17_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_18_RTX1200
      Sequence19 Sequence20
      GraphTemplatesItems_CPU_19_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_20_RTX1200
      Sequence21 Sequence22
      GraphTemplatesItems_CPU_21_RTX1200 GraphTemplatesItems_CPU_22_RTX1200
      [メモリグラフ用]
      Sequence1 Sequence2
      GraphTemplatesItems_MEM_1_RTX1200 GraphTemplatesItems_MEM_2_RTX1200
      Sequence3 Sequence4
      GraphTemplatesItems_MEM_3_RTX1200 GraphTemplatesItems_MEM_4_RTX1200
      Sequence5 Sequence6
      GraphTemplatesItems_MEM_5_RTX1200 GraphTemplatesItems_MEM_6_RTX1200
      Sequence7 Sequence8
      GraphTemplatesItems_MEM_7_RTX1200 GraphTemplatesItems_MEM_8_RTX1200
      Sequence9
      GraphTemplatesItems_MEM_9_RTX1200
      [機器内部温度グラフ用]
      Sequence1 Sequence2
      GraphTemplatesItems_TMP_1_RTX1200 GraphTemplatesItems_TMP_2_RTX1200
      Sequence3 Sequence4
      GraphTemplatesItems_TMP_3_RTX1200 GraphTemplatesItems_TMP_4_RTX1200
      Sequence5 Sequence6
      GraphTemplatesItems_TMP_5_RTX1200 GraphTemplatesItems_TMP_6_RTX1200
      Sequence7
      GraphTemplatesItems_TMP_7_RTX1200

    1. Devicesの作成
      DataTemplates、GraphTemplatesの作成完了後、Deviceを作成、グラフ作成を行います。
      [Associated Graph Templates]には、上記で作成したGraphTemplatesを選択し、「Add」を押下して追加して下さい。
      尚、Devices作成時[SNMP Community]パラメータには、対象スイッチに対してRead権限が与えられた
      コミュニティ名を設定する必要があります。
      以下はDevices設定の例になります。
      Devices_RTX1200

  1. グラフ作成
    Devices上部にある「Create Graphs for this Host」の画面遷移先で、作成対象にチェックを入れ、「Create」を押下します。
    グラフ作成までの手順は以上になります。
    正常に設定が行われていると、10分程度経過後にグラフの作成を確認する事が出来ます。

    [CPU使用率フラグ]
    RTX1200_Graph_Cpu

    [メモリサイズとメモリ使用率グラフ]
    RTX1200_Graph_Mem

    [機器内部温度グラフ]
    RTX1200_Graph_Temp

    CactiによるYAMAHAルータ(RTX1200)監視設定方法は以上です。