CentOS, RHEL, Linux

apcupsdの設定

APC製のUPSを使用し電源監視をする為のソフトウェアapcupsdの使い方を説明します。

apcupsdは以下の機能を持っています。

  • 停電時の自動シャットダウン
  • webブラウザから監視
  • 接続ケーブルの選択(シリアルorUSB等)

1. パッケージの入手

http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/apcupsdから最新のRPMパッケージをダウンロードします。(2009年10月現在、最新のパッケージはapcupsd-3.14.7-1.el5.i386.rpmです。)

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/apcupsd/apcupsd-3.14.7-1.el5.i386pm

2. インストール

# rpm -ihv apcupsd-3.14.7-1.el5.i386.rpm
警告: apcupsd-3.14.7-1.el5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID a57b2d90
準備中...                ########################################### [100%]
   1:apcupsd                ########################################### [100%]

3. 設定と動作確認

ここではUSBケーブル接続での設定方法を説明します。

なお動作環境は下記の通りです。

  • OS: CentOS5.3
  • UPS:APC Smart-UPS 750VA
  • 接続方法: USBケーブル
  • apcupsdバージョン: apcupsd-3.14.7

/etc/apcupsd/apcupsd.confファイルを編集します。最低限、以下のパラメータを設定します。

## apcupsd.conf v1.1 ##
UPSNAME APC 750VA
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
停止と自動復旧の設定は以下のようになります。

ONBATTERYDELAY 6 ← バッテリ稼働に切り替え後、指定した時間(秒)待機する。

BATTERYLEVEL 5 ← バッテリ残量が指定した数値の%を下回ると自動電源OFFする。

MINUTES 3 ← バッテリ稼働時間が指定した数値の時間(分)を下回ると自動電源OFFする。

TIMEOUT 0 ← バッテリ稼働に切り変え後、指定した数値の時間(分)経過後、シャットダウンする。

WAIKUP 0 ← 電源復旧時、起動までの待機時間(秒)。

RETURNCHARGE 50 ← 電源復旧時、指定した%まで充電されるまで待機する。

以下のコマンドでサービスを起動します。
# service apcupsd start
Starting UPS monitoring:
以下のコマンドで自動起動の設定と確認を行います。
# chkconfig apcupsd on
# chkconfig -list apcupsd
apcupsd  0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6:off

UPSにケーブルを接続した状態で、UPSの電源ケーブルを抜いてサーバが自動でシャットダウンが実行されるか検証して下さい。