FreeBSD, BSD系OS

csupを使ったソースツリーの更新

FreeBSDの新しいバージョンでは、csupが標準システムに組み込まれていて、cvsupの代わりに利用できます。

ここではcsupを使ったソースツリーの更新方法をまとめます。

まず、/etc/make.conf に以下を追記します。

SUP_UPDATE=     yes
SUP=            /usr/bin/csup
SUPHOST=        cvsupXX.jp.freebsd.org
SUPFLAGS=       -Z -L 2
SUPFILE=        /usr/share/examples/cvsup/stable-supfile
PORTSSUPFILE=   /usr/share/examples/cvsup/ports-supfile
DOCSUPFILE=     /usr/share/examples/cvsup/doc-supfile

ここで、cvsupXX.jp.freebsd.orgには、近くて空いている公開cvsサーバを指定してください。

/usr/src ディレクトリで、「make update」コマンドを実行すれば、src, ports, docsの各ツリーが更新されます。

SUPFILEにstable-supfileを指定した場合、バージョンX.Y のXの範囲で更新が行われます。例えば 7.1 のとき、7.2,7.3と最新版まで更新されます。 standard-supfileを指定した場合には、更新はX.Yの範囲のみとなります。上の例では7.1の更新のみ適用され、7.2には更新されません。