]Project-Open[

変数を利用したMessage Keyの編集

]project-open[ の各文言や単語を管理するMessage Keyは、既定の変数を利用することができます。以下では、変数を利用したMessage Keyの編集についてまとめました。

 

テンプレートなどで利用する変数は、Message KeyのMessageフィールドでも利用することができます。
以下では、ドキュメントのタイトルを表示する 「 doc_title 」 という変数と日本語文字列を組み合わせて、
「 intranet-invoice.Date 」 を編集します。これによって、ドキュメントごとに文字列が自動で置き換わります。

 

管理者権限を持ったユーザでログインし、上位ペインから [ 管理 ] -> [ Localization Home ] -> 「 English (US) 」をクリックします。

Image92

(画面中段省略)

Image99

 

intranet-invoices 」 -> 「 intranet-invoices.Date 」 をクリックします。

Image100

Image112

 

[ English (US) Message ] にドキュメントのタイトルを表示する変数 「 %doc_title% 」 と文字列を以下のように記述し、最後に [ Update ] ボタンをクリックします。

Image113

 

次に、[ 管理 ] -> [ Localization Home ] -> 「 Japanese (JP) 」 をクリックします。

Image92

(画面中段省略)

Image93

 

intranet-invoices 」 -> 「 intranet-invoices.Date 」 をクリックします。

Image100

Image112

 

[ Japanese (JP) Message ] にドキュメントのタイトルを表示する変数「 %doc_title% 」 と文字列を以下のように記述し、最後に [ Update ] ボタンをクリックします。

Image114

 

編集前と編集後の表示は以下のとおりです。

・Message Key 編集前
見積書で表示される日付 請求書で表示される日付
Image115 Image116
・Message Key 編集後
見積書で表示される日付 請求書で表示される日付
Image117 Image118

 

変数を利用した Message Keyの編集は以上です。