]Project-Open[

HTTPデフォルトポートの変更

]project-open[ のHTTPデフォルトポート番号は8000です。これは利用する環境によって変更することが可能です。
以下の例では、ポート番号を80に変更して起動する手順を説明します。


以下の説明は、あらかじめ「AOLserverの自動起動設定」の手順に沿って、AOLserverの再起動設定がされていることを前提としています。

まず、サーバ側の設定ファイルを以下のとおり編集します。

# cd /web/projop/etc
# cp -p config.tcl config.tcl.org
# vi config.tcl
# 以下を編集する(一番左は大よその行数)
# コメントアウト
18 ### set httpport                  8000
# 追記
19 set httpport                  80

次に、inittabファイルを以下のとおり編集します。

# vi /etc/inittab
# 以下を編集する(一番左は大よその行数)
# コメントアウト
56 ### ns1:345:respawn:/usr/local/aolserver/bin/nsd -it /web/projop/etc/config.tcl -u projop -g projop
# 追記
57 ns1:345:respawn:/usr/local/aolserver/bin/nsd -it /web/projop/etc/config.tcl -u projop -g projop -b 0.0.0.0:80

]project-open[ の画面に管理者権限を持ったユーザでログインし、上位ペインから[ 管理 ] -> [ パラメータ ]  -> 「acs_kernel」をクリックします。

Image89

(画面中段省略)

45_acs-kernel


SystemURL」の項目に記述されているURLから「8000」の部分を削除し、最後に[ OK ] ボタンをクリックします。

46_acs-kernel_sys_url


上記の設定完了後に、サーバを再起動します。

# reboot

最後に、サーバ再起動後、]project-open[のログイン画面が「http://(hostname or IP)/」で表示されることを確認します。

47_project-open_topl


HTTPポートの変更手順は以上になります。