セキュリティ

CentOSへのNmap5.0のインストール

セキュリティスキャナNmapの公式サイトで配布されているNmap5.00のRPMパッケージをCentOS5にインストールする方法を記載します。RPMパッケージは対象OS別に作成されていませんが、CentOSにそのままインストール可能です。 パッケージは以下からダウンロード可能です。 http://nmap.org/download.html 必要なパッケージは以下の通りです。
nmap-5.00-1.i386.rpm
zenmap-5.00-1.noarch.rpm

2010/02/16追記

パッケージは随時更新されています。すでに5.0系列をインストール済みの場合には、以下のコマンドで更新可能です。

# rpm -vhU http://nmap.org/dist/nmap-5.21-1.i386.rpm
# rpm -vhU http://nmap.org/dist/ncat-5.21-1.i386.rpm
# rpm -vhU http://nmap.org/dist/zenmap-5.21-1.noarch.rpm

インストール済みパッケージを確認します。

# rpm -qa | grep nmap
nmap-4.11-1.1
nmap-frontend-4.11-1.1
旧いパッケージがインストールされている場合は削除します。(本体は新しいパッケージをrpm -Uvhで更新することも可能です)
# rpm -e nmap-frontend-4.11-1.1.i386
# rpm -e nmap-4.11-1.1.i386
パッケージのインストールを行います。
# rpm -i nmap-5.00-1.i386.rpm
# rpm -i zenmap-5.00-1.noarch.rpm ncat-5.00-1.i386.rpm
XのGUI環境を使用している場合は「アプリケーション」メニューの「インターネット」-「Zenmap」からGUIで操作可能になります。