サーバソフトウェア

Mailman構築1 前提環境

Mailman環境の構築

以下の環境で構築を行います。

OS CentOS 2.6.18-53.1.14.el5
hostname ml01.local
IP 192.168.1.100
Postfix postfix.i386 2.2.3.3-2
Dovecot dovecot3.0.5
Mailman mailman-2.1.7
Httpd httpd-3.0.5
Python python2.1以降2.3推奨

1)Postfix

インストール

#  yum -y install postfix

設定

# vi /etc/postfix/main.cf  
  myhostname = testfs01.local
追加(時FQDN名を指定)
  myorigin = $mydomain
追加(ローカルからのメール送信時の送信元
  inet_interfaces = all 
メールアドレス@以降にドメイン名を付加)
  inet_interfaces = all
変更(外部からのメール受信を許可)
  mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
 
変更(自ドメイン宛メールを受信できるようにする)
  home_mailbox = Maildir/
追加(メールボックス形式をMaildir形式にする)
  smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown
追加(メールサーバーソフト名の隠蔽化)
□ 以下を最終行へ追加(SMTP-Auth設定)
  smtpd_sasl_auth_enable = yes
  smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
  smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
□ 以下を最終行へ追加(SMTP-Auth設定)
  message_size_limit = 10485760
受信メールサイズを10MB=10x1024x1024Bに制限
  • SMTP-Auth用ユーザー名、パスワードにシステムのユーザ名、パスワードを使用する場合(使用しない場合は省略) 
    # /etc/rc.d/init.d/saslauthd start
    # chkconfig saslauthd on
    # chkconfig --list saslauthd
      saslauthd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
    
  • SMTP-Authユーザ名、パスワードをシステムユーザー名、パスワードと別々に設定 
    # vi /usr/lib/sasl2/smtpd.conf
    pwcheck_method: auxprop
    
  • 新規ユーザ作成時にMakedir形式のメールボックス作成処理
    # mkdir -p /etc/skel/Maildir/new
    # mkdir -p /etc/skel/Maildir/cur
    # mkdir -p /etc/skel/Maildir/tmp
    # chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/
  • sendmail停止
    # service sendmail stop
    # chkconfig sendmail off
    # chkconfig --list sendmail
      sendmail 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
  • メールサーバ切り替え 
    #  alternatives --config mta
      2 プログラムがあり 'mta'を提供します。
    
    選択 コマンド
     ----------------------------------------------- 
     *+1 /usr/sbin/sendmail.sendmail
       2 /usr/sbin/sendmail.postfix
      Enterを押して現在の選択[+]を保持するか、選択番号を入力します:2
    

サービス開始とサービス設定

# chkconfig postfix on
# chkconfig --list postfix
  postfix 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

2)Dovecot インストール

インストール

#  yum -y install dovecot

設定

#  vi /etc/dovecot.conf  
    protocols = imap imaps pop3 pop3s  追加(POPアクセスを追加)
    mail_location = maildir:~/Maildir 追加(メールボックス形式をMaildir形式とする)
    valid_chroot_dirs = /home 追加※OpenSSH+Chrootを導入している場合のみ

 

サービス開始 

# service dovecot start
# chkconfig dovecot on
# chkconfig --list dovecot
  dovecot 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off