サーバソフトウェア

Mailman構築3 インストール、設定

7)Mailman設定

Mailman インストール事前設定

Mailmanでは他で使用されていないユーザーとグループの設定が必要となります。ここではMailmanのユーザーとグループを設定します。パラメータはインストールファイル作成時のconfigureで指定します。
# groupadd mailman グループ追加
# useradd -c "GNU Mailman" -s/sbin/nologin -M -g mailman mailman
  ユーザー追加
# mkdir /usr/local/mailman インストールディレクトリ作成

# chown mailman. /usr/local/mailman

インストールディレクトリ所有者変更
# chmod a+rx,g+ws /usr/local/mailman

インストールディレクトリパーミッション変更 

Mailmanダウンロード

Mailman日本語サイトからソースパッケージをダウンロードします。
# wget http://mm.tkikuchi.net/mailman.tar.gz

Mailmanインストール

ソースパッケージの展開、インストールを行います。 また、パミッション補正スクリプトを実行します。

# tar zxvf mailman.tar.gz  
# cd mailman-*  
# su mailman -s "/bin/bash" -c "./configure --with-cgi-gid=apache"
  Configure
  ターミナルエミュレータの受信ロケールをEUC-JPに変更する
# su mailman -s "/bin/bash" -c "make" && make install
# cd /usr/local/mailman/
パーミッション補正スクリプト
# ./bin/check_perms -f パーミッション補正確認
# ./bin/check_perms パーミッション補正確認
  ターミナルエミュレータの受信ロケールをUTF-8に変更する

Mailman設定

# vi /usr/local/mailman/Mailman/mm_cfg.py  
  DEFAULT_URL_HOST = 'testfs01.local' Webサーバ名を指定
  DEFAULT_EMAIL_HOST = 'testfs01.local' メールサーバ名を指定
  add_virtualhost(DEFAULT_URL_HOST, DEFAULT_EMAIL_HOST)
  MTA = 'Postfix' メールサーバ指定
  DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja' 日本語化
  DEFAULT_URL_PATTERN = 'https://%s/mailman/' Webインターフェースをhttps=SSLにする
  DEFAULT_LIST_ADVERTISED = No メーリングリスト一覧を非公開にする
  OWNERS_CAN_DELETE_THEIR_OWN_LISTS = Yes メーリングリストをWeb上から削除可能にする
  DEFAULT_SUBJECT_PREFIX = "[%(real_name)s:%%d] " 
件名に記事No.を付加する
  DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1
返信先を投稿者ではなくリストにする
  DEFAULT_NEW_MEMBER_OPTIONS = 258 投稿した本人にはメールを送らないようにする
  DEFAULT_GENERIC_NONMEMBER_ACTION = 2 非会員からのメールには拒否応答

管理者パスワード設定

# /usr/local/mailman/bin/mmsitepass 

CRON設定

# crontab -u mailman /usr/local/mailman/cron/crontab.in

aliases設定

# /usr/local/mailman/bin/genaliases aliasesファイル作成 
# chown mailman. /usr/local/mailman/data/aliases*

aliasesファイル所有者変更 

# chmod g+w /usr/local/mailman/data/aliases* aliasesファイルパーミッション変更
# vi /etc/postfix/main.cf
   alias_maps = hash:/etc/aliases, hash:/usr/local/mailman/data/aliases
  mailmanのaliasesファイルを追加
# service postfix restart postfix 再起動 

Webサーバー設定

# vi /etc/httpd/conf.d/mailman.conf

  ScriptAlias /mailman/ /usr/local/mailman/cgi-bin/
 
      SSLRequireSSL
      AllowOverride None
      Options ExecCGI
      Order allow,deny
      Allow from all
 

  Alias /pipermail/ /usr/local/mailman/archives/public/
 
      Options Indexes MultiViews FollowSymLinks
      AllowOverride None
      Order allow,deny
      Allow from all
 

# cp /usr/local/mailman/icons/* /var/www/icons/ mailman用ロゴファイルを所定ディレクトリへコピー
# service httpd reload httpdのリロード

管理用メーリングリストの作成

# /usr/local/mailman/bin/newlist mailman 管理用メーリングリスト mailmanの作成
  ターミナルエミュレータの受信ロケールをEUC-JPに変更する
  リスト管理者のメールアドレスを入力してください: メーリングリスト管理者メールアドレス応答
  mailmanの初期パスワード: メーリングリスト管理パスワード応答
  Enter を押して mailman の管理者にメール通知する… 空Enter
# /usr/local/mailman/bin/config_list -i /usr/local/mailman/data/sitelist.cfg mailman
  mailman メーリングリスト初期設定
ターミナルエミュレータの受信ロケールをUTF-8に変更する

8)Mailman起動、サービス設定

# cp /usr/local/mailman/scripts/mailman /etc/rc.d/init.d/ mailman起動スクリプトを所定ディレクトリへコピー
# service mailman start  
# chkconfig --add mailman   
# chkconfig --list mailman  
      mailman 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off