Windowsサーバ

MSFC構築1 構成~AD構築

1.構成

MSFCを構築する最小限の構成は以下の通りになります。

  • ActiveDirectoryサーバ
    ※MSFCを構成するノードはADメンバである必要があります。
  • MSFCを構成するノード2機
    ※ネットワークカードが2枚搭載されているもの
  • 共有ストレージ、ディスクアレイシステム
    ※今回はADサーバにStarWindをインストールして共有ディスクを作成します。(MSFC構築2 StarWind設定を参照のこと)

下表を前提に構築します。MSFCを構築するにはMSFCを構成するノードのOSはEnterpriseEdition以上が必要となります。

# Server OS HostName IP
1 ActiveDirectoryサーバ Windows 2003 Server Standard Edition msfcad01 192.168.1.10
2 MSFCノード01 Windows 2008 Server Enterprise Edition msfc01 192.168.1.30
192.168.3.30
3 MSFCノード02 Windows 2008 Server Enterprise Edition msfc02 192.168.1.40
192.168.3.40

 

構成図

2. ActiveDirectory構築

まず、ActiveDirectoryをmsfcad01上に構築します。ドメイン名は"mscf.local"とします。

今回は、Windows 2003 ServerのADドメインにMSFCを構成するノード(Windows 2008 Server)をドメインコントローラとして参加させるため、ドメインの機能レベルをWindows 2000ネイティブ以上にします。

管理ツールの【Active Directory ドメインと信頼関係】スナップインの右ペインから対象のドメイン名を選択し、「ドメインの機能レベルを上げる」をクリックします。

以下の画面でドメインの機能レベルを変更します。