Windowsサーバ

MSFC構築2 StarWind設定(iSCSI)

3.共有ディスク

共有ディスクはStarWindを使用して、iSCSI共有ディスク(Qualumディスク)を作成します。

StrWindは以下からダウンロードします。

これをmscfad01にインストールします。

StarWindを実行して接続します。localhostを右クリックして[Connect...]をクリックします。

Login情報は以下の通りとします。

・User name : test
・Password   : test

 

ログイン後にデバイスの割り当てを行います。

localhostを右クリックして[Add Device...]をクリックするとウィザードが起動します。

 

例としてクォーラムディスクを作成してみます。

Device type selectionで [Image File Device]を選択し、[次へ]をクリックします。

 

Select action type で [Create new image]を選択し、[次へ]をクリックします。

 

ImageFile image parameters で 以下を設定し、[次へ]をクリックします。

 

  • Specify new image name : イメージファイルを作成する場所
  • Specify image size in MBs : 作成するバーチャルディスクの容量
  • Flat image file 選択

 

 

Image File device parameters で以下を設定し、[次へ]をクリックします。

 

  • Select the image file ~ : イメージファイルが置いてある場所(前画面でイメージファイルを作成した場所)
  • Allow multiple concurrent iSCSI connections (clustering) 選択

 

 

iSCSI target nameでターゲット名を設定し[次へ]をクリックします。

ここでは[qualum01]とします。

 

Completeing the Add Device Wizard で設定事項を確認して[次へ]をクリックします。

 

The device was successfully added で仮想デバイスが登録されます。[完了]をクイックして終了します。