2019年3月 インターンシップレポート 山梨英和大学 原澤悠夏さん

インターンシップに参加したきっかけ

大学での合同説明会にて貴社がインターンシップを受け入れていらっしゃると聞き、興味を持ったのがきっかけです。私は現在、就活生でIT系の仕事に就きたいと考えています。その中で実際に業務の体験ができることに惹かれ、ITの仕事についてしっかりと理解をしたいとも考え、参加をさせていただきました。

インターンシップに期待したことは

SEやインフラエンジニアの業務を理解することと、仕事を通じて自分に足りていないものや、今後の課題を発見することを期待しました。

期待に対して実際に得られた成果は

課題解決をしていく形で行われたインターンシップだったため、主に自分の足りていないものを発見することができました。何が問題で解決するためにはどうすればいいのか自分の頭でしっかりと考え、それでも分からないところは積極的に聞き、力を借りることが私の課題だと感じました。

インターンシップで行った具体的な内容は

仮想化ソフトウェアVirtual BoxにLinuxのディストリビューションの一つCentOSをインストールし、使い方を学びました。また、WordPress環境をCentOS上で構築しました。最後にpythonの導入を行いました。

やりがい・面白さを感じた点は何ですか

困難な課題を調べた情報と自分の知識を組み合わせて突破できた時に面白さを感じました。WordPressのサーバ構築をした際にネットワーク設定でつまずき、検索して得た情報と自分の知っていた知識を使い、課題を遂行できた時はうれしかったです。

仕事の厳しさ・難しさを感じたのはどんなときすか

学校での勉強と異なり、正解がそのままあることはなく、エラーや上手くいかないことは自ら本やインターネットで調べ、適切な対処をしなければいけないところに難しさを感じました。

仕事環境、職場の雰囲気について感じたこと

職場で実際に使われている環境を手配したいただいたこともあり、職場の雰囲気をリアルに感じることができました。静かで集中でき、社内のチャットワークではきちんと質問に答えて下さり、優しい雰囲気の職場だと感じました。

最後に

今回のインターンシップでは実際に現場や株式会社アイティードゥについて深く知ることができ、大きな収穫を得ることができたと感じています。
最後になりますが、このような貴重な機会をくださった株式会社アイティードゥの社員の皆様に御礼申し上げます。3日間誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。