Xenのアンインストール

XenをインストールしたサーバからXenを削除する方法を記載します。 下記は、RHEL5.1でXenカーネルのみインストールされた場合の例になります。 適宜、バージョン等を読み替えてください。 まず、インストール済みパッケージを確認します。

# rpm -qa glib2-2.12.3-2.fc6 mktemp-1.5-23.2.2 bzip2-libs-1.0.3-3 libgpg-error-1.4-2 ...  # rpm -qa | grep xen kernel-xen-2.6.18-53.el5 kernel-xen-devel-2.6.18-53.el5 xen-3.0.3-41.el5 xen-libs-3.0.3-41.el5  # rpm -qa | grep Vir Virtualization-ja-JP-5.1.0-12 Virtualization-en-US-5.1.0-12  # rpm -qa | grep kernel kernel-headers-2.6.18-53.el5 kernel-xen-2.6.18-53.el5 kernel-xen-devel-2.6.18-53.el5 

次に、インストールCD#1を挿入して、以下のコマンドでPAE版カーネルをインストールします。

# rpm -ivh "/media/RHEL-5.1\ i386\ Disc\ 1/Server/kernel-PAE-2.6.18-53.el5.i686.rpm"  # rpm -ivh "/media/RHEL-5.1\ i386\ Disc\ 1/Server/kernel-devel-2.6.18-53.el5.i686.rpm 

OSの再起動後、[Enter]で、GRUBのメニューに入り、PAE版カーネルで起動させます。 起動後、以下のコマンドで関連するライブラリを削除します。

# rpm -e kernel-xen-devel-2.6.18-53.el5 # rpm -e Virtualization-ja-JP-5.1.0-12 # rpm -e Virtualization-en-US-5.1.0-12 # rpm -e gnome-applet-vm-0.1.2-1.el5.i386 # rpm -e --nodeps python-virtinst-0.103.0-3.el5.noarch # rpm -e libvirt-python-0.2.3-9.el5.i386 # rpm -e libvirt-0.2.3-9.el5.i386 # rpm -e xen-3.0.3-41.el5.i386 # rpm -e kernel-xen-2.6.18-53.el5 # rpm -e xen-libs-3.0.3-41.el5 

確認のため、再度、再起動して終了となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。