Chocolatey for Business入門

はじめに

今回は、パッケージ管理ツールChocolateyの企業向け有償版である、Chocolatey for Business(略称:C4B)について解説します。

「そもそもChocolateyって何ですか?」という方や、無償版Chocolateyについて知りたい方は、「パッケージ管理ツール”Chocolatey”とは?」をご覧ください。

さて、社内でChocolateyを使用していると、
「外に抜けない設定のPCにもChocolateyを使いたい。」
「非管理者ユーザでもソフトウェアをインストールできるようにしたい。」
「社内PCのソフトウェアの、インストール状況やバージョンを把握したい。」
と考えることがあると思います。

Powershell等を駆使して実装することも可能ですが、それには多くの手間と工数がかかるため現実的ではありません。

そんな悩みを解決してくれるのが、Chocolatey for Businessです。

Chocolatey for Businessの主な機能

それではC4Bの主な機能のご紹介です。

Chocolatey Server

無償版のChocolateyは、外部にある公式リポジトリに接続し、インストーラーをローカルに落としてパッケージのインストールを行います。

C4Bでは、あらかじめ各種インストーラーをChocolatey Serverなる1つのサーバ内に貯蔵する機能があります。
そのため、クライアントPCは内部LANでChocolatey Serverへ接続し、インストーラーを落とし、パッケージをインストールすることができます。
これにより、セキュアな環境にもChocolateyを導入することができます。

参考URL:https://chocolatey.org/docs/how-to-setup-offline-installation

Chocolatey Agent

通常、ソフトウェアのインストールには管理者権限が必要になります。無償版Chocolateyについても、chocoコマンドの使用には”管理者として実行したPowershell”が必要です。
そのため、システム管理係さんが各社員のPCを回って、1台1台ソフトウェアをインストールすることになりがちです。

そこで、Chocolatey Agentが役立ちます。

Chocolatey Agentをインストールすると、管理者権限のないユーザでもchocoコマンドを使用することができます。

Chocolatey Agentを無効化すると、勿論インストールできません。

参考URL:https://chocolatey.org/docs/features-agent-service

Chocolatey Central Management(略称:CCM)

CCMは、クライアントPCのソフトウェアのインストール状況や、バージョン監査ができるツールです。

ダッシュボードから、ソフトウェアの種類と総数、バージョンが古いソフトウェアの種類と総数が分かります。

また、あるクライアントPC内に、どのようなソフトウェアがインストールされているか確認することができます。
ソフトウェアのバージョンが古いかは、Is outdatedの項目がYesとなっているかで確認できます。

さらに、バージョンの古いソフトウェアが、どのPCにインストールされているか特定することもできます。

参考URL:https://chocolatey.org/docs/features-chocolatey-central-management

おわりに

今回ご紹介した機能以外に、C4Bは多数の機能を搭載しています。それらについてはまた別の記事にて解説しようと思います。

Chocolatey for Business公式URL

https://chocolatey.org/products#chocolatey-for-business

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です