2019年2月 企業実習レポート 萩原巧さん

実施時期 2019年2月(18日間)

企業実習に参加したきっかけ

業界未経験なので、実際の職場の雰囲気を知りたかった。またpython言語に興味があり、実習の内容にpythonプログラムの作成の体験が含まれていることを知り、株式会社アイティードゥを企業実習先に選択した。

実習で行ったことの具体的な内容は

  1. wordpress環境を構築する際の手順を手順書にまとめ、他の人がその手順書を用いて環境を構築する事が出来るかのテスト。また、ほかの人から指摘された改善点などをフィードバックし、より良い手順書の作成を目指した。
  2. 言葉遊びである「FizzBuzz」をpython言語で作成し、期待通りの出力が得られるか確認した。
  3. 特定のファイルを読み込み、そのファイルの文字列に行番号を行頭に割り振って出力するプログラムを作成した後に、特定のファイルだけでなく、コマンドラインを使用して別のファイルを読み込み、行番号を割り振って出力するプログラムに改良した。

やりがい/面白さを感じた点

pythonプログラムを作成した際に、期待通りの動作が得られた時の達成感に面白さを感じた。

手順書の作成では、最初は説明が不十分であったりして手順書で行ってほしい動作を伝えることは出来なかったが、手順書を改善していくうちに、他の人も自分が環境を構築した通りの環境を構築できたときに、説明がうまく伝わった時にやりがいを感じた。

仕事環境/職場の雰囲気について感じたこと

実際の職場はとても静かで、実習の内容に集中して取り組む環境が出来ていると感じた。

気になる点、変えたほうがいいと思う点

チャット上でのコミュニケーションに関して、チャットの文面では自分や相手の表情を文面の書き方から感じ取る事しか出来ないため、職場での人間関係が構築しづらいと感じた。

(実習担当コメント 今回は実習内容が基本的な業務でしたのでほぼ全てのやり取りにチャットを使用しましたが、実際には口頭のコミュニケーションを併用します。遠隔であれば音声会議、ビデオ会議なども使用します。なので安心してください。なお、アイティードゥでは会議は無駄と考え、ほとんど会議は行わず、行ったとしても事前にチャットで要旨を共有して短時間で済ませます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。